株の初心者が知っておきたいこと(確定申告しないとどうなるか)

株取引で、自分自身で確定申告をしなければならない状態の時、せっかく得た利益を減らしたくないからと確定申告をしなかったらどうなるのでしょう。

株の初心者の私はまだ利益も出ていないのでそんなことを考えたことがないですが、こういったケースのことも知っておくと勉強になりますね。

★確定申告しなくてもばれない?

個人で株取引をして得た利益は、こちらが申告しなければわからないのではないの?と思いますよね。

実は、証券会社は「支払調書」という書類を税務署に提出しています。

これは、証券会社が配当を支払ったとか株式譲渡の対価を支払ったということを、支払いを受けた人の住所、氏名、支払金額などを記載して証券会社営業所の所轄税務署に提出することになっています。

★もし確定申告しなかったら?

税務署には〇〇さんに○○○円支払ったと証券会社から報告があるのに、〇〇さんから申告がない場合は、「脱税」したことになり最悪の場合は逮捕されることになります。

黙っていたらばれないという考えは通用しないということですね。

★気持ちよく利益を得る

少しでも利益を得たら、これを元にもう少し増やしたいと思うのは当然だと思います。

欲が出てくるのは仕方がないことかもしれません。

しかし、納税は国民の義務ですから、これを免れるということはできません。

ルールはきちんと守って株取引を行い、気持ちよく利益を得たいものです。

私はまだまだ初心者なので、利益を得るのは難しいと思いますが、きちんとルールは守ります。