遺品整理を頼んで良かった

葬式のように、人の死に関わっているものは、専門の業者にいろいろと言われるとなかなかことわりにくいものがあります。

たとえば、葬式の前に行う「湯灌(ゆかん)」と呼ばれるもの。

これは、納棺前に故人の身体を洗い清める儀式のことです。

ただ大概は亡くなった病院で、エンゼルケアと呼ばれる身体の洗浄や容姿を整える作業をしてもらっていますから、これは要らないという方もいます。

ただ、故人にしてあげられること・・・・と考えていくと、やはりやってもらいたいと思うのが人情ですよね。

節約がしにくい・・・という感じはします。

遺品整理の場合も同じで、ただ単に要らないものを廃棄物として処理するとか、価値のあるものを買い取ってもらうとか、処理業者がやるような流れではなく、故人の遺志を尊重しつつ・・・みたいに遺品整理をやってもらいたいというのが、やはり残された側の気持ちでしょう。

ですから、私も注意深く遺品整理の業者を選びました。

遺品整理は、時間をかけるわけにもいきませんし、かといって素早く出来たらいいというわけでもありません。

その両方を満たしてくれそうな業者ということで選びました。

遺品整理士の資格を持っている方もいらっしゃいましたし、まず電話応対、そして家まで来て見積もりをしてくれた女性スタッフの対応が非常によく、任せてみたいという気持ちになったわけです。

なにしろ、遺品整理なんてことは今まで経験したことがありません。

何もかもが非常に不安でしたが、今は、あの業者に遺品整理を頼んで良かったと思っています。