遺品整理と廃棄物の処理に注意

遺品整理をするにあたって、業者をどこにするかというのは実は大きな問題です。

私の場合、葬儀社と寺院を母の時にすでに決定していたので、そこの方の個人的なつながりもあって、ネットで検索した業者から選んでみることが出来ました。

おかげさまでいい遺品整理の会社を選ぶことが出来て、非常に良かったと思います。

でも、当初は遺品整理について、右も左もわからない状態ですから、廃棄するものの処分のことすらよくわかっておらず、まあゴミに出して廃棄物処理業者に頼めばいいやくらいに思っていました。

この廃棄物処理、遺品整理の場合、出てくる廃棄物は一般廃棄物になります。

いわゆる普通の家庭ごみってことですね。

この一般廃棄物収集運搬の許可を持っているか、またその許可をもっている業者と提携しているのかというのは大きなチェックポイントです。

幸い、私の場合、個人的なつながりもあって、いい遺品整理の業者を選ぶことが出来ましたが、今は、いろいろな業者が増えていて、なかには法外な値段を要求するところもあるそうです。

これはどこの業界でもあることですが、伸びてきているところにはかならずこういう悪徳な業者が生まれる余地がありますよね。

葬儀についても、以前から互助会に入っていたので、だいじょうぶでしたが、葬式のバタバタの中で業者の言うなりに葬式準備をしていると、気がついたらすごい値段がかかっていたということがありますからね。

そういう私も、悪徳とは言いませんが、料金を取られてしまったこともあります。