いままで無関係だった遺品整理

先日、故郷の千葉で一人暮らしをしていた父が突然亡くなりました。

以前から高血圧と診断されていましたが、それほど重いものではなく、他に特に持病もありませんでした。

ただ年齢は80代に入っていましたから、いつお別れが来ても・・・・というように思っていましたが・・・・こういうのは突然、来るものなのですね。

幸い、近所の人が倒れているのを発見してくれて、すぐに救急車を呼んでくれたのですが・・・助かりませんでした。

病名は大動脈瘤の破裂。

本人には兆候があったとは思うんですが、もともと我慢強い人ですから、周りには漏らさなかったと思います。

父は一人暮らしになってもう10年ですが、いざという時の準備はしっかりしていてくれて、5年ほど前に遺書をきちんと公正証書遺言の形にしておいてくれたので、兄弟の間でもめ事もなく、相続についてはスムーズに行うことが出来そうです。

ただ、突然の不幸だったため、家の片づけなどが残ってしまいました。

私は東京で自営業をしているので、それほど時間がありません。

また弟は現在、中国に赴任中で帰って来られないという事態。

ネットなどで調べて、遺品整理の業者(https://www.ihin-next.com/)に依頼することにしました。

遺品整理というのは、今まで聞いたことも、もちろん使ったこともなかったのですが、今回初めて依頼してみて、本当に助かりました。

冷蔵庫にまだ食べ物が残って洗濯物も干してあるまま。

葬式を出すだけで精いっぱいで、遺品整理については全く頭が回りませんでした。

でもやはりプロの人たちはすごいですね。

こちらでは遺品整理の体験談を少し話してみたいと思います。